〒700-0823
岡山県岡山市北区丸の内2丁目12-23
TEL&FAX : 086-226-8818
営業時間 : 11:00〜19:00
定休日 : 木曜日 他不定休

Copy Light(C)2012 Slow Tempo
店主のブログ

店主のブログ修理例  紳士

頻度…

 

 

靴を履く頻度は皆さんそれぞれ…

 

 

なので、経年劣化で履けなくなる事程、くやしい事はナイですね

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

かなり古いオールデン…

 

 

 

そんなに履いてないのにやって来た、例のアイツ…

 

 

「経年劣化」…

 

 

 

ウレタンだけでは無く、生ゴムにもある事です…

 

 

 

 

 

で、年間を通して殆ど履かないらしいので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

革底へ変更しての交換

 

 

これで、経年劣化の恐怖からは逃れられたと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構久しぶりかも…

 

去年の秋、以来かな…

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

レンガ色の修理…

 

 

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

次のオールソール時には違う底材をチョイスされるかも知れない

との事だった為

ミッドソールは、何にでも対応出来る革にしました

 

 

 

 

 

イイんじゃナイかな

造りのイイ、WALK-OVER でしたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんそろそろ限界ですよ~

 

一世を風靡しましたね

もう20年以上かぁ~

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

「シルバノ・マッツァ」

 

 

正直、履いていようがなかろうが、靴としての寿命が近づいています

バラすのが非常に怖いです

 

 

 

ですので、購入してから一度も修理やプロにメンテナンスされていない方は

ちょっと遠距離に履いたりするのは危険な時期です

 

靴底が外れたり割れたりする可能性が高いです

 

 

当時も高い買い物だったと思いますが、どうしても寿命はありますから

全うする為にも一度チェックしてみて下さい

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

コチラのマッツァはギリ、間に合いましたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも対応いたしますので

 

やっぱり雰囲気イイね…

結構前のシュナイダーブーツ

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

トップリフトが革で釘もスチールだった為に、激滑り…

 

 

 

なので、滑り防止と現代の使用状況に応じてラバーのリフトへ交換

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

高さが変わらない厚みのトップリフトと、滑り防止のハーフラバー

これで滑ることはナイでしょう

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

に、しても最良のアッパーですね

スバラシイ!

 

 

 

 

あ、

 

 

 

 

 

 

こだわりのある方には対応していますよ

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

クラシックなスタイルですね

このストラップなんで、古い靴ではないですよ (笑)

 

 

 

で、

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

出来上がり

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

真鍮の釘と鉄の釘で分けてます

 

 

滑るけど気を付けてね~